Hygge House

里山の小さな家

5.わが家事典

陽だまり

陽だまり(ひだまり):日溜まり、陽溜まり。太陽の陽が当たる暖かい場所。広い範囲ではなく狭い範囲を指すが、里山の小さな家はリビング半分は陽だまりになる。

太陽に向けて建てる

里山の小さな家の南側には横幅1.5m+2m=3.5mの幅で窓がある。
ふつう、家は道路と平行に建てるけれど、太陽に合わせて家の向きを決めていて
南側の窓はほぼ真南に向いている。
そして南側の庭の木々はすべて落葉樹なので冬は葉が落ち太陽の陽がたくさん窓から家の中に入ってくるようになっている。

落ち葉(掃除は…)

リビングの半分は陽だまり

リビングの深いところまで太陽の陽が入る。
およそ半分ぐらいまでくるのでとても暖かい。


空気が暖かいだけではなく床が直接暖められ、また視覚的にも暖かいため
冬は自然と南側に生活の重心が移る。
(夏は北側にリビングがあるけれど冬は南側にリビングが移る)
パッシブソーラーシステムと相まって
直接窓から太陽の熱を取り込めるので冬、暖房器具を使う期間はとても短い。

パッシブソーラー(太陽暖房×空気コントローラー)

 

URL
TBURL

質問・コメント

*

よく読まれている記事

 

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。