自己紹介

ある家に出会って…

2010年6月、妻の鹿児島の実家へ帰省中に偶然目にした家…。小さいのに広くて、家の中なのに外のような気持ちよさで、なんだかとっても落ち着く家。

当時私は福岡に住んでいて、福岡の住宅会社で働いていましたが…福岡に戻ってすぐに履歴書を書き(人生最高の字を書くために何十枚も書きました)

7月…面接を受け
8月…鹿児島に移り住み、
9月…社員となりました。

「こんな家に住みたい!」
「こんな家で子どもを育てたい」
「こんな家で人生を過ごしたい」

それまでの人生でかっこいいなと思う家はありましたが、自分が住みたい!と思う家に出会ったことはなく、この家との出会いで人生が変わりました。

私の人生を変えた家は、鹿児島のシンケンという工務店が建てた家でした。

運命の土地

シンケンに転職して鹿児島に移り住みましたが、家を建てるのは金銭的にほぼ不可能…でも「いつかの未来」のために準備はしていこう。と、家計の見直し、夫婦の人生設計、夫婦間の価値観の共有、土地探し…すこしずつすこしずつ、可能性を探っていました。

そんな中インターネットの土地情報をきっかけに出会った土地は、すごい山の中の売れ残りの荒地。うっそうとした「やぶ」。いちおう、鹿児島市だけど、地名を言っても誰もピンとこないような場所。

クヌギ林のような敷地

でも、ここから見える景色や感覚に夫婦して心を奪われました。それまでにかなりの数の土地を見てきていましたが、初めて夫婦揃って心が動いた土地。

山の中のやぶなので、ものすごく安くて、この金額なら、今からでもなんとかなるかも…。

ふつうは邪魔者扱いされる鬱蒼と茂った木々ですが、私の目にはありがたい宝物のように見えました。この木々を上手に生かせば公園のような庭ができそうだと。木々が成長したら、森の中に建つような家ができそうだと。きっと、間違いなく素敵な場所になるはず。

2012年、当初の家づくりのお金の計画で出した家づくりの予定時期より8年前倒しで、勢いで始まった家づくりでした。

余裕がない、がプラスに

お金の余裕は全くなかったけれど、それまでにたくさんの家を感じて気づいていたこと…それは、「家は、小さくシンプルがいい」ということと、「家は、小さい方が心地いい」ということ。

今は家族5人でも子どもたちが巣立ったら夫婦2人になる。それも意外とあっという間にそうなる。だから小さな家で十分!

今思えば、家を建てるときにお金の余裕がなかったことが逆に良かったように思います。欲張りすぎずシンプルに小さくつくることができたから。大事に手入れをしながら住むには、複雑で大きな家は手に余る…。

少しずつ、いえとくらしと、それにまつわるいろいろを綴っていけたらと思います。

 


自宅の間取りと設計コンセプト(PDF)


 

雑誌掲載

◆ 2018年7月

LIVE’S 100号「開放住宅」

https://www.livesjapan.com/issue/100

◆2019年5月

ブルータス「居住空間学」

https://magazineworld.jp/brutus/brutus-892/

 

経歴

1980年長崎県長崎市生まれ
なかなか貧乏な家の5人兄弟の長男。

モノづくりが好きで、お金がないのですぐ働ける工業高校(インテリア科)に進学。

でもやっぱりもっと学びたくて、新聞販売店に住み込みで働きながら大学へ進学。
結局大学院修士課程まで学ぶ。

新聞配達は、自転車を買うために小学5年生から始めて大学院までトータル13年。

社会人第一歩は、大手ゼネコンに現場監督として入社。
使う人、住む人の満足が見えにくい仕事にやりがいを見いだせず、いちばん使う人に近い立場で建築に携われるという理由で福岡の住宅会社の営業に転職。

鹿児島のシンケンという会社がつくった家に一目惚れして鹿児島へ移住。

2013年、鹿児島の里山に小さな家を建て、男の子、女の子、女の子の3人の子どもと奄美大島出身の妻との5人暮らし。家事(=家のこと)が趣味。

家のこと、田舎暮らしのこと質問があったらどうぞお気軽に。