田舎暮らしは不便?

田舎暮らしは不便ではないですか?と聞かれることがあります。
ここに、この家に暮らして7年が経ち
これまでに思っていた便利・不便の基準は
偏ったものだったことに気づかされました。

家や、住む場所を考えるときに
思い浮かぶ便利か不便かの基準は
通勤・通学・買い物の便…。

ここでの暮らしは通勤も通学も買い物も
便利なところに比べると不便です。
通勤・通学・買い物…これは暮らしや人生の一部で
社会的義務や経済活動という基準に
あてはられた、ものさしだったような。

日々、心が穏やかでいられるか
日々、幸せを感じながら生きることができるか
という基準で言えば
ほかにも大切なことが
たくさんあって
そういうものさしで測ると
ここでの暮らしはとても便利。

心が穏やかになる出来事や時間、
音や空気
肌に触れる質感、光の変化、におい、
日々感じるいろいろなことが心を豊かにしてくれて、
幸せな気分で毎日を生きるために役立ってくれるものばかりです。
都会にいると、たくさんの時間、
お金、労力を使わなければ得られないはずのものが、
この場所、この家での暮らしでは
毎日、毎朝…ふだんの生活の中で得ることができます。

心豊かに暮らし、
幸せな人生を送るという基準で言えば
とっても便利な田舎暮らしだと、感じています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。