Hygge House

里山の小さな家

3.暮らしのこと

壁で居場所をつくる

わが家にはちょっと変わった壁があります。
この壁にはいろいろなサイズの「板」などを簡単につける事が出来ます。
この板は本棚になったり飾り棚になったりカウンターになったりするのです。
この壁のおかげで、好きなように「居場所」をこしらえることができます。

屋根裏部屋のような2階の窓辺から、庭の木の「緑の部分」が見えます。
1階とは違ったちょっと暗くてこじんまりとした包まれるような空間です。
この窓の横にちょっとした板を取り付けるだけでも、なかなかいい居場所ができるのです。

SINKENSTYLE_シンケンスタイル_木の家_福岡・鹿児島_窓辺

私は、この場所が隠れ家のようで好きです。
今、2階のスペースは子供たちの場所として使われていますが、将来夫婦2人暮らしになった時には1階をカフェみたいな場所にして、2階を夫婦二人のこじんまりとしたリビングにするのもいいかもな…と思ったりもします。
壁を自由につかえることは、暮らしの楽しみ、将来の楽しみが増えること…そんな気がします。

URL
TBURL

フォーム

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事

 

Return Top