Hygge House

里山の小さな家

自己紹介

ある家に出会って…

2010年6月、
福岡の住宅会社にいたころ
妻の実家へ帰省中に偶然目にした家…。

小さいのに広い。
家の中なのに外のような気持ちよさ。
その衝撃に居ても立っても居られなくなりました。

その家は鹿児島の工務店が建てた家でした。
福岡に戻ってすぐに履歴書を送り
7月…面接を受け
8月…鹿児島に移り住み、
9月…社員となりました。

「こんな家に住みたい!」
「こんな家で子どもを育てたい」
「こんな家で人生を過ごしたい」

それまでかっこいいなと思う家はありましたが、
住みたい!と思う家に出会ったことはありませんでした。
住みたい!と思える家に出会って人生が変わりました。

私の人生を変えた家は
シンケンという工務店が建てた家でした。

運命の土地

当時、住宅の営業として自分をみると
今家を建てるのはほぼ不可能。
でも「いつか」のために準備をしていこう。

これまでの経験・知識をフル動員して
来る日も来る日も建てられる
条件を考え、整えていきました。

そんな中出会った土地は、
売れ残りの荒地。
鹿児島市内のはずれで
地名を言っても誰もピンとこないド田舎。

クヌギ林のような敷地

でも、ここから見える景色や感覚に
夫婦して心を奪われた。

荒地だったから
ものすごく安かった。本当に安かった。
この金額なら、今からでも
なんとかなるかも…。

ふつうは邪魔者扱いされる
鬱蒼と茂った木々、
上手に生かせば
公園のような庭ができそう
森の中に建つような家ができそう
素敵な場所になるはず。

2012年、急きょ始まった家づくり。

余裕がない、がプラスに

経済的に余裕は全くない
でも、それまでに
たくさんの家を感じてわかっていたこと…
家は、小さくシンプルがいい。
家は、小さい方が心地いい。

今は家族5人でも
子どもたちが巣立ったら夫婦2人。
だから小さな家で十分!

今思えば、
家を建てるときに
余裕がなかったことが
逆に良かった。
身の丈に合った家が出来たから。

大事に手入れをしながら住むには
大きな家は手に余る…。

このブログに
参考になることがあれば
とても幸せです。

家づくりのこと一覧


自宅の間取りと設計コンセプト(PDF)


 

雑誌掲載

◆ 2018年7月

LIVE’S 100号「開放住宅」

https://www.livesjapan.com/issue/100

◆2019年5月

ブルータス「居住空間学」

https://magazineworld.jp/brutus/brutus-892/

 

経歴

1980年長崎県長崎市生まれ
「超」が付くぐらい貧乏な家の5人兄弟の長男として生まれる。

モノづくりが好きだったこと、お金がないのですぐ働こうと思い
工業高校インテリア科へ。

でもやっぱりもっと学びたくて
新聞販売店に住み込みで働きながら大学へ進学。結局大学院修士課程まで学ぶ。

新聞配達は
自転車を買うために小学5年生から初めて、大学院までトータル13年継続。

大手ゼネコンに現場監督として入社。
使う人、住む人の満足が見えにくい仕事にやりがいを見いだせず。

いちばん使う人に近い立場で建築に携われるという理由で
福岡の住宅の営業に転職。

人生を変える家に出会って
鹿児島に移住。

2013年家を建てる。

男の子、女の子、女の子の3人の子どもと
奄美大島出身の妻との5人暮らし。

家事(=家のこと)が趣味。

 

もし私でお役に立てることがあれば、
田舎暮らしのこと、家のこと
ご相談ください。






URL
TBURL

よく読まれている記事

 

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。