Hygge House

里山の小さな家

2.家づくりのこと

田舎嫌いなのに、田舎暮らしを選んだ理由 ①

若いころ福岡県の田舎で
保育園をつくっているとき
過労とストレスで体調を崩した。
それから、田舎嫌いになった。

もともと「インドア」
自然の中で暮らしたいという気もなかった。

家も、庭はいらない。
街なかの小さな土地
30坪あれば十分だと思っていた。

 

夫婦の家

家のことを
漠然と思いはじめたころ
家族年表を書いた。

縦に家族の名前を書き出して
何年後に何歳になるというのを
横に並べていく。

そうすると
漠然とだけれど
○年後の家族をイメージできる。

視覚的に

・子どもと過ごす期間の短
・夫婦2人暮らしの期間の長さ

そういうことがわかる。

もともと
「家は夫婦のため」と思っていたけど
改めてそうだと思った。

老後にも思いをはせることができた。
もし老後という期間があるとしたら
その期間、夫婦2人で何をして過ごすだろう…

家を建てる前
私は、趣味がなかった。
妻もたぶん、なかった。

ますます
家で夫婦2人だけで
何をして過ごすのだろうと考えた。

 

平日のイオン

家を建てる前
休みの日は公園かイオンだった。

平日休みだったので、
空いていてとても遊びやすかった。

イオンではゲームコーナー
お金のかからないコインゲームで
子どもたちを遊ばせる。

ある日気づいた
おじいちゃん、おばあちゃんが多い…
ゲーム機の前に座って
黙々とコインゲーム。

・・・街に住むということは、
そういうことか。

老後に
夫婦2人で何をして過ごすか・・・

今は、
イオンも公園もほとんど行かなくなった。

 

田舎だからできること

田舎の広い土地なら

もしかしたら
野菜をつくっているかも。

もし、お金に困ったとしても
自分で野菜をつくって
食べられるよね。

もしかしたら
敷地の空いたところに
ハナレを建てて
何かお店をしているかも
カフェ?雑貨屋?…なにか…。

そんなことを夫婦で話した。

その時点で
家庭菜園をしたいと
思っていたわけでもなく

具体的にお店をしたいと
思っていたわけでもないけれど…。

でも、大学生のころに見ていた
「人生の楽園」というテレビ番組
あの感じは
なんかいいなぁとは思っていた。

可能性がある方

少なくとも
街なかよりは
何かできる可能性が
ありそうだと思った。

街なかで「できること」より
田舎で「できること」の方が
合っているような気がした。

ちなみに…
今も自分では
家庭菜園はやってない。

でも
近所のおじちゃんが
畑を完璧に準備してくれて
苗を植えるだけにしてくれている。

ありがたく
植えさせてもらって
そこで食べきれないほど育つ。
夏野菜を買うことはほとんど無い。

今年
ハーブに興味を持ち始めて
玄関アプローチの脇に植えている。
少しずつ種類が増えている。

バジルを
ピザに乗せて食べたら
とてもよかった。

小屋をつくりたいなぁ
ハナレをつくりたいな
ツリーハウスもできるかも
田んぼもいずれ…

やりたいことは山ほどある。

田舎嫌いだったけど
田舎に住んで本当によかった。

URL
TBURL

質問・コメント

*

よく読まれている記事

 

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。