Hygge House

里山の小さな家

3.暮らしのこと

アイロンがけが好きになる。

「アイロンがけ、やりたくない」。
しわのついた服も、「形状記憶だから」とそのまま。
…けれど、ある日を境にアイロンがけが好きになった。

きっかけは窓。

この家に住んで、毎朝着替えをする場所。
いつものように着替えようと服を手に…
なんとも清々しい窓からの景色。

「今日はアイロンでもかけてみよう」。
窓の向こうの風景を横目にアイロンをかける。

とても気持ちがいい。
清々しい朝を感じながら自分の手でしわが伸ばされていく…
清々しさ倍増。

この日から、自分が着ていく服は毎日アイロンをかけるようになった。

だんだん1枚では物足りなくなって、子どもたちの制服も。
私の服の「3倍シワシワ」のシャツがピンとなっていく。
清々しさ倍増。

朝のアイロンがけ

窓の向こうの風景がきっかけだったけれど、
いつのまにか、アイロンがけが楽し……、
「楽しい」というのとはちょっと違う。
とにかく、気持ちがいい。

シワシワがピーンとなっていく、その感じがいい。
これから始まる新しい一日の心の準備が整っていく感じが、いい。
なんだか、自分の心もシャツと一緒にしわがのびていくような感じがして、いい。
朝、アイロンを滑らせていると、
着る人の今日、いい日になるように…
そんな想いがふわっと湧いてくる。

朝いちのアイロンがけは、
今日一日を、“より”良くするための習慣になった。

URL
TBURL

フォーム

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事

 

Return Top