Hygge House

里山の小さな家

3.暮らしのこと

便利な2階お風呂

わが家のお風呂は2階にあります。
発端はコストを抑えるためにやむを得ずだった2階のお風呂。

でも生活が始まるとそのあまりの便利さにもう、1階にお風呂がある生活には戻れない!というぐらい快適なのです。

【最短で完了!】

「脱ぐ→洗う→干す→しまう→着る」を最短でできると洗濯という家事は楽になります。
わが家には子供部屋や寝室がある2階に、家族全員分のクローゼットもあります。お風呂の隣がクローゼットです。

シンケンスタイルの洗たく計画

右がお風呂、左がクローゼット。

そして、洗濯物は脱衣場に干しています。
洗濯機から直接干すことができて、乾いた洗濯物はクローゼットにかけなおせば洗濯は完了です。その距離「一歩」。

洗濯物干し場を兼用している脱衣場を出てすぐにクローゼットがあります。

1階でもその位置関係が同じなら洗濯の距離は同じなのですが、1階にクローゼットまでスペースを取ると1階をかなり広くつくる必要があります。
また、どうしても寝室やそれぞれの子供部屋にしまう衣類もあるものなので寝室や子供部屋まで衣類を持ち運ぶという作業が必要になってきますが、この時に2階にお風呂があると洗濯物が2階だけで済むのでとても楽できます。

シンケンスタイルの家

お風呂周りの平面図

 

【2階の方が乾きがいい】

そして、シンケンスタイルの家は、家の素材や家の仕組みの工夫でもともと洗濯の乾きがいい家なのです。


でも、同じ家の中でいちばん乾きが良いのは最上階のスペース(2階建てなら2階、3階建てなら3階)なので、2階建ての2階にお風呂があるといちばん乾きがいいところに最短距離で洗濯を干すことができるのです。
ちなみに我が家では今まで一度も外に干したことはなく、ほぼ年中一晩で乾きます(23時に干して翌朝7時ごろには乾きます。)

実は2階にお風呂があると他にもいいことがあるのですが、それはまた次の機会に・・・。

URL
TBURL

質問・コメント

*

よく読まれている記事

 

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。