Hygge House

里山の小さな家

2.家づくりのこと

2階お風呂、老後はどうする?

わが家のお風呂は2階にあります。
多くの人は「使いにくそう…」と言いますが、
もう1階にお風呂がある暮らしには戻れない!
というぐらい使い勝手が良く、家事のストレスを軽減してくれます。

【2階のお風呂になった経緯】

元々の設計では1階にお風呂がありました。
設計を考えている途中で1階に和室が欲しくなりました。
そのまま1階に和室を足すと1階が広くなってしまい、建築コストが上がってそもそも家を建てること自体が実現不可能になってしまいます。
かといって他のスペースを削れるほど余裕もありません。
2階はスペースの余裕があったので1階に和室を入れる代わりに2階にお風呂を上げることにしました。

【老後はどうするの?】

「2階にお風呂を上げようと思うんだけど…」妻に相談すると
「足腰が悪くなったら2階のお風呂はキツイんじゃない?」と…。
そうだよね…数日間将来のイメージをしながら出した答えは、

「自分ちの階段ぐらい上がれないとダメでしょう!」
「その時はもうお風呂にも自分では入ってなくてデイサービスで入ってるんじゃない?」
「いざとなったら階段昇降機があるよね」

Screenshot階段昇降機の例

レンタルもあるそう。

ということで老後の心配に対しては納得させて2階お風呂になりました。

 

URL
TBURL

フォーム

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事

 

Return Top